印刷用表示へ切り替え 通常表示へ切り替え 更新履歴を表示 更新履歴を隠す
misc ジョボビッチかヨボビッチかヨヴォヴィッチか

トリビアの泉に、女優のミラ・ジョボビッチが出演していた。本人が「ミラ・ヨヴォヴィッチです」と言っていた。「ジョボビッチ」は英語読みだったのだ。

■ ■ ■

MillaJ.com :: The Official Milla Jovovich Website の FAQ によると、生まれはウクライナで、名前の読み方は

"mee-luh yo-vo-vitch"

であるという説明がある。活躍の場がアメリカなので、英語の発音で「ジョヴォヴィッチ」と呼ばれてしまうことが多いようだ。本人は名前の発音を気にしているらしいので、「ヨヴォヴィッチ」あるいは簡単に「ヨボビッチ」と呼ぶようにしてはどうだろうか。

日本には、外国人の人名、特にヨーロッパ系の人名に関しては、できるだけ本人の発音で呼ぶ習慣がある。これは、日本語がヨーロッパ系言語とは全く違うことが大きく影響しているが、その人を尊重しているという点で評価できる。とてもいいことである。

ヨーロッパ系同士ではこうはいかない。「モーツァルト」はフランスに行けば「モザール」だし、「バッハ」はアメリカに行けば「バック」と呼ばれてしまう。アルファベットで表現すると、Mozart とか Bach なので、自分の言語でそのまま読めてしまうからである。区別をつけづらいのだから仕方のないこと、ではある。日本人が「魯迅」を「ルーシュン」ではなく「ろじん」と読んでしまうのと同じである。

日本人は律儀なので、状況に応じた読み分けもしてしまう。ギリシアの勝利の女神「Nike」を「ニケ」と呼ぶ。そして、アメリカのシューズメーカー「Nike」を「ナイキ」と呼んでいるのである。もちろん「ナイキ」という社名は、同じ女神の名前からとったものである(マークは女神の羽)。「ニケ」を英語読みしているだけである。この2つを読み分けているのだから、日本人の気の使い方はかなりなものだと言える。

さらに日本人が偉いのは、名前の読み方が違うことが分かると、訂正するところである。これはなかなか出来ることではない。画家の ミロ (Joan Miró)は、最初に日本では「ホアン・ミロ」として紹介された。ミロがスペイン人なので、スペイン語の発音で呼んだのである。しかし、その後ミロがカタロニア出身だということから、カタロニア語での本当の発音「ジョアン・ミロ」に修正された。(私はミロの作品では、初期の「農場」が好きだ Statek (Le Ferme) ワシントンナショナルギャラリー蔵)

このような訂正の例は、他にもある。今年6月に亡くなったアメリカの第40代大統領 ロナルド・レーガン (Ronald Reagan) は、初めのうち「リーガン」という名前で新聞に出ていたが、その後発音になるべく忠実にということで「レーガン」に修正された。

残念ながら、例外もある。「処女の泉」で有名な、スウェーデンの映画監督イングマール・ベルイマン (Ingmar Bergman) は、「ベリマン」という発音が近いらしいのだが、「ベルイマン」で定着してしまった。同じくスウェーデン出身の元プロテニスプレーヤー Stefan Edberg は、「シュテファン・エドベリ」。英語読みで「ステファン・エドバーグ」と呼ばれることも多く、「エドベリ」「エドバーグ」の率は半々くらいだった。Bjrn Borg の場合はもっとひどくて、「ビヨン・ボルグ」と呼ばれ、正しく「ビヨン・ボリ」と呼ばれたことはほとんどなかった。

本人の名前の発音は、活躍の場の言語に大きく左右される。しかし、本人が「こう呼んで欲しい」と言っている場合は、それを優先してはどうだろうか。ミラは人気がある女優なのだから、早めに「ヨボビッチ」に切り替えてあげるのがいいのではないか。歳をとって、ヨボヨボになる前に…。あぁ、今日のトリビアで、ダジャレは笑いの中で一番低次元だと言っていたっけ。

Posted by n at 2004-09-15 23:28 | Edit | Comments (0) | Trackback(2)
Trackbacks

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • タイムアウトエラーは,こちらのサーバの処理能力不足が原因です (詳細は トラックバック送信時のエラー をご覧ください)
  • トラックバックする記事には,この記事へのリンクを含めてください(詳細は 迷惑トラックバック対策 をご覧ください)
ミラ・ジョボヴィッチの呼び方は正しくはミラ・ヨヴォヴィッチ
ミラ・ジョボヴィッチの呼び方は正しくはミラ・ヨヴォヴィッチらしい ソース元:nlog(n): ジョボビッチかヨボビッチか Trackbacked from: 「情報酒場」 at September 19, 2004 08:48
アダージョ ヴェルディ
イタリア・オペラはあまり聴く機会に恵まれない。チマローザ、ロッシーニ、ドニゼッテ Trackbacked from: 日々雑録 または 魔法の竪琴 at February 16, 2005 18:04
Comments
Post a comment
  • 電子メールアドレスは必須ですが,表示されません(気になる場合は「メールアドレスのような」文字列でもOKです)
  • URL を入力した場合はリンクが張られます
  • コメント欄内ではタグは使えません
  • コメント欄内に URL を記入した場合は自動的にリンクに変換されます
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • 「Confirmation Code」に表示されている数字を入力してください (迷惑コメント対策です)


(必須, 表示されます)


(必須, 表示されません)


(任意, 表示されます)


(必須)


Remember info (R)?