印刷用表示へ切り替え 通常表示へ切り替え 更新履歴を表示 更新履歴を隠す
Windows エラー 0x80070091 でフォルダが削除できない

Windows Vista でフォルダを削除しようとすると 0x80070091 というエラーで拒否されてしまった。chkdsk でフォルダを正しい状態に戻してから削除すればよい。

■ ■ ■

予期しないエラー

Windows Vista Business Service Pack 2 を使っていてフォルダを削除しようとすると,エラー表示のウィンドウが出てきた。

 0x80070091 エラー表示
0x80070091 エラー表示


予期しないエラーでこの操作が妨げられています。このエラーコードを書きとめておくと、この問題の解決に役立つ場合があります:
エラー 0x80070091: ディレクトリが空ではありません。

当然ではあるが,このメッセージ通りに「書きとめておく」だけでは問題は解決しない。暗に「インターネットで検索しろ」という指示を出しているところが若干腹立たしいが,問題を解決することの方が重要であるので仕方ない。

「0x80070091」で検索すると,Microsoft の公式な情報はなく,microsoft.com ドメイン内でヒットするのはフォーラムの会話のみである。「更新をインストールしろ」 (How To Fix Error 0x80070091) は,うーむ怖い。「ツールをインストールすればいい」は見た目が怪しい (Can not delete folder / 0x80070091 - Vista Forums)。怪しすぎる雰囲気なのでパス。

もう少し調べてみると,do a chkdsk and make sure your files or drive are not corrupted. (P6860 Error 0x80070091) とあるのを見つけた。これなら最悪ダメでも,システムに害はないので,これを試すことにした。

エラー対処法

コマンドラインからの起動

chkdsk をやれと書いてあるので,コマンドラインから起動することにした。しかし,次のエラーで怒られてしまう。

C:\WINDOWS\system32>chkdsk c: /f
十分な特権がないので、アクセスは拒否されました。
管理者特権モードで実行しているこのユーティリティを呼び出す必要があります。

管理者モードで実行するには,コマンドプロンプトウィンドウを管理者モードで起動する必要がある。「スタート」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」を右クリック→「管理者として実行...」とする。

C:\Windows\system32>chkdsk c: /f
ファイル システムの種類は NTFS です。
現在のドライブはロックできません。

ボリュームが別のプロセスで使用されているため、CHKDSK を
実行できません。次回のシステム再起動時に、このボリュームの
チェックをスケジュールしますか (Y/N)?

となるので,「Y」を入力する。オプションについては Windowsコマンド集:(chkdsk) が詳しい。Windows Vista ではフォルダ名は指定できない。

chkdsk をスケジュールして再起動すると,起動時に chkdsk が走った。これは GUI でディスクのエラーをチェックするのと同じかも知れない。

GUI からの起動

ハードディスクドライブを右クリック→「プロパティ」の「ツール」タブ→「ボリュームのエラーチェック」で起動する。コマンドプロンプトでやるのと同じかも知れない。

結果

chkdsk をかけた後に再試行してみると,今度は削除することができた。

他にも,すぐには削除することができないフォルダもあったが,中を開いてファイルをすべて削除しフォルダを空にすると,そのフォルダも削除することができた。つまりエラーメッセージ通りである。フォルダが階層化されて多量のフォルダを含んでいる場合は手間がかかるが,1つ1つやれば削除できた。

Posted by n at 2010-05-23 07:56 | Edit | Comments (0) | Trackback(0)
Trackbacks

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • タイムアウトエラーは,こちらのサーバの処理能力不足が原因です (詳細は トラックバック送信時のエラー をご覧ください)
  • トラックバックする記事には,この記事へのリンクを含めてください(詳細は 迷惑トラックバック対策 をご覧ください)
Comments
Post a comment
  • 電子メールアドレスは必須ですが,表示されません (気になる場合は「メールアドレスのような」文字列でもOKです)
  • URL を入力した場合はリンクが張られます
  • コメント欄内ではタグは使えません
  • コメント欄内に URL を記入した場合は自動的にリンクに変換されます
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • 「Confirmation Code」に表示されている数字を入力してください (迷惑コメント対策です)


(必須, 表示されます)


(必須, 表示されません)


(任意, リンクされます)


(必須)


Remember info (R)?