印刷用表示へ切り替え 通常表示へ切り替え 更新履歴を表示 更新履歴を隠す
Photo 結果がすべてではないと言いたい「たんきり飴」

われわれが欲しいのは結果だが,実は結果がすべてではない,結果のよさが売り上げに結びつくとは限らない。そんなことを思った「たんきり飴」。

■ ■ ■

先週から喉は痛くないが気管がムズムズして咳が出る。医者に行って薬を処方してもらったが,それでも徐々にしかよくならない。職場で風邪を広めるのはできれば避けたいので,マスクをして咳を直接出さないようにしている。

たんきり飴
たんきり飴


「たんきり飴」というアメがある。上の写真のものはマツモトキヨシで138円だった。「たんきり」とは「痰切り」の意味で,痰を切りやすくする効果があるため,この名前がつけられたそうだ (Yahoo!辞書 - たんきりあめ【痰切り飴】)。

この名前にギョッとするのは私だけではないようで (たんきり飴 ネーミング - Google 検索),皆さん一瞬は買うのを躊躇している様子。私の場合,痰は出ないのだが,ノドによさそうなら藁にもすがろうという感じだったので,思い切って購入。

たんきり飴の原材料
たんきり飴の原材料


この痰切り飴の原材料は,「砂糖 (きび砂糖,グラニュー糖),水あめ」となっていた。味は普通に美味しい。痰を切る効果があったかというと,もともと痰が出ていない状態だったので何とも言えない。咳を抑える効果は,あるといえばあるし,ないといえばない。要するに普通の飴玉を舐めたときに咳が収まるくらいの効果であった。一般に多く売られている「のど飴」のたぐいは,メントールが入っていたり,入っていないにしてもスーッとするように作られていて,好みではないのだ。それに比べたら砂糖と水あめだけで出来ている「たんきり飴」はまったりしていて刺激もなく,かなりよい部類だと言える。

私はなぜあんなにも多くの人が「スーッと」をいいと思うのか理解できない。男性用シャンプーの「スーッと」も理解に苦しむ。そんなにいいものなのかと思い,一度購入したことがあるが,使い切る前に捨ててしまった。男同士でも分かりあえない感覚である。

さて,話が逸れたが,元に戻して「たんきり飴」である。「痰切り」は飴を舐めたことで生じる「好ましい結果」である。その効果はすばらしいし (今回は確認できなかったが),結果と名前が一致しているのは望ましいことである。名は体を表す。最近はどんどんせち辛くなっていて,結果だけが求められる世界になってきてしまった。成果主義。「たんきり飴」は昔からあるもののようなのだが,この結果を重視する時代にもマッチしている。しかし,この好ましいはずのネーミングが持つ最大の欠点はそのネーミングである。これから食べようとするものに「痰」という名前がついているのは,果たしていいことなのか。

いったん口に入れてしまえば,後は舐め終わったあとに,痰を出すだけだから問題はない。しかし,最初の「いったん口に入れ」に至るまでが難しい。もちろん「たんきり飴」には「痰」はついていないので清潔なのだが,「痰」という名前がついているので清潔に思えないのだ。

人間はラベルづけする生き物である。人やモノを,その「ラベル」で判断するのだ。「スカッとして気持ちがいい」というラベルからメンソール入りのシャンプーを作り,「スースーする」のど飴を作る。「たんきり飴」がひらがなであり「痰切り飴」という漢字表記をしないのは,直接的なヤマイダレの漢字「痰」をつけないための配慮だろう。しかし,それでも「たんきり」はラベルとしてのインパクトがありすぎるのだ。

したがって,ネーミングとしてはもう少し遠回しの方がいい。痰が切れるのは結果だから,名前でも最後に持ってきて「切飴たん」というのはどうだろうか。「痰切り」という強烈なメッセージはなくなり,さらにもし「切飴たん切飴たん切飴…」と続けれたなら,サブリミナル的に「痰切り」を受け入れさせることができる。もしかすると「切飴タン」という萌えキャラができるかも知れないではないか。

それはないな。

Posted by n at 2010-06-10 05:53 | Edit | Comments (4) | Trackback(0)
Trackbacks

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • タイムアウトエラーは,こちらのサーバの処理能力不足が原因です (詳細は トラックバック送信時のエラー をご覧ください)
  • トラックバックする記事には,この記事へのリンクを含めてください(詳細は 迷惑トラックバック対策 をご覧ください)
Comments

可愛いネーミングですね。

Posted by: a at October 24, 2011 11:58

a さん
ですよねー。

Posted by: n at October 24, 2011 22:49

そもそも私が今回「たんきり飴」を購入したのは、最近ずっと痰が喉の辺りに住みついているからで、これは神の助け!と思ったから。でも買ってから、もしかして「たんきり」って「短切り」(長い飴を短く切ったってことだっけ?と、調べているうちにここにたどり着きました。『切飴タン』もかわいいけど、そのネーミングだったら、今回は買わなかったかも〜!

Posted by: あっこ at November 02, 2011 11:33

あっこ さん
なるほど長い飴を短く切った形をしています。「短切り」でもいいかも。
それで,たんきり飴の効果のほどはいかがだったでしょうか!? 効果があったのなら,ネーミングはいまいちでもリピーターが増えることになりますね!

Posted by: n at November 02, 2011 13:43
Post a comment
  • 電子メールアドレスは必須ですが,表示されません (気になる場合は「メールアドレスのような」文字列でもOKです)
  • URL を入力した場合はリンクが張られます
  • コメント欄内ではタグは使えません
  • コメント欄内に URL を記入した場合は自動的にリンクに変換されます
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • 「Confirmation Code」に表示されている数字を入力してください (迷惑コメント対策です)


(必須, 表示されます)


(必須, 表示されません)


(任意, リンクされます)


Confirmation Code (必須)


Remember info (R)?