印刷用表示へ切り替え 通常表示へ切り替え 更新履歴を表示 更新履歴を隠す
Mac Mac OS を Mavericks から El Capitan にアップグレード

時間をかけて再インストールした Mac OS X Maverics だが,この際なので最新版の El Capitan にアップグレードする。Yosemite すっ飛ばし。

■ ■ ■

ハードディスクが初期化されたので,OS を再インストールし Mac OS X 10.9 Mavericks となったのだが,Apple は毎年 OS を更新してくるので,その後 Mac OS X 10.10 Yosemite となり,現在は2015年9月にリリースされた Mac OS X 10.11 El Capitan となっている。エル・キャピタンは,米国ヨセミテ国立公園にある花崗岩の一枚岩の名前で,その風景はデスクトップのデフォルトの壁紙になっている (OS X El Capitan HD desktop wallpaper)。

El Capitan のインストール

せっかくインストールした Mavericks だが (nlog(n): 初期化された Mac に Mavericks を再インストール),この際なので最新版の El Capitan にアップグレードすることにした。Yosemite は使わず終いとなった。

App Store で OS の最新版をダウンロードする。OS のイメージは巨大なのでかなりの時間を覚悟しなくてはならない。


ダウンロードが終わると,再起動をうながすウィンドウが表示される。

インストーラのバックアップを忘れた

私はそのまま「再起動」ボタンを押してしまったが,失敗した。「再起動」を押すとインストールが始まるのはいいのだが,ダウンロードした OS のインストールファイルも消えてしまうからだ。再起動する前に,コピーをしておくべきだった。ダウンロードされたインストーラの保存先は OS 毎に決まっている。インストーラを USB メモリに入れておけば最新版の OS をクリーンインストールすることができる (OS X の起動可能なインストーラを作成する - Apple サポート)。

iCloud Drive で切り捨てられた iOS 7

Mac OS を El Capitan にしたところ,iCloud Drive にするかという問い合わせのウィンドウが表示された。これまで使ってきた「iCloud」は Yosemite 以降は使えなくなり「iCloud Drive」になるというのだ。


iCloud Drive が使えるのは,Mac OS X Yosemite 以降と iOS 8 以降。つまり,iOS 7 の iPhone や iPad はクラウドバックアップができないということになる。クラウド環境は共通なため,iCloud を使っている OS のどれかで iCloud Drive を使う設定をすると,すべてが iCloud Drive になってしまうので注意が必要だ。

Posted by n at 2016-01-09 21:27 | Edit | Comments (0) | Trackback(0)
Trackbacks

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • タイムアウトエラーは,こちらのサーバの処理能力不足が原因です (詳細は トラックバック送信時のエラー をご覧ください)
  • トラックバックする記事には,この記事へのリンクを含めてください(詳細は 迷惑トラックバック対策 をご覧ください)
Comments
Post a comment
  • 電子メールアドレスは必須ですが,表示されません (気になる場合は「メールアドレスのような」文字列でもOKです)
  • URL を入力した場合はリンクが張られます
  • コメント欄内ではタグは使えません
  • コメント欄内に URL を記入した場合は自動的にリンクに変換されます
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • 「Confirmation Code」に表示されている数字を入力してください (迷惑コメント対策です)


(必須, 表示されます)


(必須, 表示されません)


(任意, リンクされます)


Confirmation Code (必須)


Remember info (R)?