印刷用表示へ切り替え 通常表示へ切り替え 更新履歴を表示 更新履歴を隠す
misc 東北大地震とニボシとワタシ

東日本大震災が起きてから,味覚が少し変わった。それは今でも続いている。

■ ■ ■

私には,アレルギーで食べられないものはあるけれども,食べ物の好き嫌いがほとんどない。そうやって躾けられてきたということもある。子供の頃に無理して食べていたのは,銀杏と春菊,目刺,それに奈良漬だった。大人になってからはどれも美味しく食べられるようになった。

しかし,大人になっても食べられないものがあった。それは「味噌汁の中の煮干」である。そんなものは料理でもなんでもないのだが,母親からは「それくらい食べなさい」と言われ,無理やり食べていた。味噌汁に入っていなければラッキー,入っているとアンラッキーで気分が沈んだ。あの,ダシが出てしまって味がなく,ゴロリとした食感で,どこかで少し苦い。飲み込むには大きすぎる。鍋に入れる前の乾いた煮干ならバリバリ食べられるのに,味噌汁の中で元気なく泳いでしまっているのはダメなのだ。なぜこんなものがあるのだ。今日は3匹も入っている。必ず食べなくてはならないとして,いつ食べるかが問題。最初に食べてしまって後味をよくするか,最後に食べてすぐに歯を磨く方がいいのか。

大人になって一人暮らしをしたときは,煮干は残して捨てていた。小さい煮干にしたときは,何匹かは食べてその他は残すというようなことをした。結婚してからもだいたいそんな感じだった。「大丈夫だ,お前 (煮干のこと) は十分に役割を果たした,大事なところは味噌汁に全部出ている」と煮干に話しかけることで,何か悪いことをしているような気分を昇華させていた。

東日本大震災が起きて,スーパーマーケットから食べ物がなくなるのを経験した (nlog(n): 東日本大震災から1年)。その日から,煮干が食べられるようになった。味がなくてフニャフニャしていても平気。震災のショックが,5年経った今でも煮干に味をつけてくれているようにも思えるのだ。

Posted by n at 2016-03-11 04:08 | Edit | Comments (0) | Trackback(0)
Trackbacks

  • 「手違いで複数トラックバックを送ってしまった!」という場合でも気にしないでください (重複分はこちらで勝手に削除させていただきます)
  • タイムアウトエラーは,こちらのサーバの処理能力不足が原因です (詳細は トラックバック送信時のエラー をご覧ください)
  • トラックバックする記事には,この記事へのリンクを含めてください(詳細は 迷惑トラックバック対策 をご覧ください)
Comments
Post a comment
  • 電子メールアドレスは必須ですが,表示されません (気になる場合は「メールアドレスのような」文字列でもOKです)
  • URL を入力した場合はリンクが張られます
  • コメント欄内ではタグは使えません
  • コメント欄内に URL を記入した場合は自動的にリンクに変換されます
  • コメント欄内の改行はそのまま改行となります
  • 「Confirmation Code」に表示されている数字を入力してください (迷惑コメント対策です)


(必須, 表示されます)


(必須, 表示されません)


(任意, リンクされます)


Confirmation Code (必須)


Remember info (R)?